通訳の仕事 通訳案内士試験

通訳案内士試験(二次試験)で緊張しないようにするためには?

投稿日:

通訳案内士の一次試験の高いハードルを超えて、次に待っている二次試験(口述試験)まであと少しです。

たくさん勉強をして、英語でコミュニケーションを取る練習をたくさんしてきたことでしょう。

せっかくここまで来たわけですから、なんとしてでも二次試験にも合格したいですよね。

ただ、必要以上に緊張してしまうと、あなたの持っている能力を発揮できずに終わってしまうなんてことにもなりかねません。

そこで、通訳案内士試験(二次試験)で緊張しないためにどうしたらいいのかについてお話したいと思います。

試験の担当官は「あなたの大切な人」と考えましょう

本番の試験当日は、誰でも緊張します。

プロのガイドでも、仕事の前には緊張しますので当然のことかもしれません。

ガイドの仕事でも同じように緊張します

「ガイドの日にちを間違っていないだろうか?」

「出迎えの場所と時間は間違ってないだろうか?」

「ガイドに必要な資料は忘れてないだろうか?」

このように何回もスケジュール表を見直しながら、頭の中で訪問する場所を1つ1つ思い浮かべていきます。

そして、より具体的に相手を気遣うことができるようになっていきます。

「あそこの神社は階段が多いから注意してもらおう」

「買い物は午後にできるから、午前中は活動量を増やしてもらおう」

「食事にアレルギーのある人がいるから、事前にレストランに伝えなければ」

「興味があるっていう美術館についてうまく説明できるかな・・・」

試験本番でも同じような優しい気持ちで

試験本番でも同じような優しい気持ちでといっても、まだ始まっていないあなたには想像できないかもしれません。

しかし、相手(担当官)も人間です。

あなたが、あなたの大切な人に接するときのように、優しい気持ちで接してみてください。

どれだけ緊張しても、あなたの気持ちが空いて(担当官)に向いていれば、自ずと回答は出てくるものです。

あなたの頭の引き出しの中には、今までに溜め込んだ膨大な量の知識や情報があるはずです。

今がその引き出しを開けるチャンスです。

本番で緊張しないようにするために今できること

試験本番で、少しでも緊張しないようにするためには、外国語で話す機会を多く作る以外にありません。

そのためにも、できるだけ多くの人と外国語だけで話す機会を作りましょう。

  • できれば外国語だけで話せる仲間をたくさん作る
  • 外国語が話せない相手でも、自分1人で練習するより緊張感が生まれてよい
  • 外国語で反応できるように、プレゼンテーションの最中には不用意に日本語を使わない
  • よいプレゼンテーションができたと思ったら、その内容を紙に書き留め記憶しておく

試験当日には、うまくできたプレゼンテーションを思い出して、楽しく日本文化を説明している自分を想像するとよいでしょう。

なかなか外国語だけで話す機会を作れない人はオンライン英会話を利用しよう

仕事が忙しかったり、周りに外国語で話せる仲間がいない人は、オンライン英会話を利用するといいでしょう。

最近のオンライン英会話は、24時間365日、自分の都合のよい時間にネイティブの講師からレッスンを受けることができます。

インターネット環境さえ整っていれば、パソコンやタブレット、スマートフォンで受講可能です。

二次試験の直前の1ヶ月間利用するだけでもいいでしょう。

最後の追い込みとして、オンライン英会話を利用してみてはいかがでしょうか?

- Sponsored Links -

- Sponsored Links -

【厳選】おすすめオンライン英会話3選

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人にお勧めする無料体験のあるオンライン英会話ベスト3(☆5つで満点)をご紹介します。

1位 EF EnglishLive(上級者向け)

東京オリンピック正式スポンサー決定!

2016年7月5日、EF EnglishLiveは2020年東京オリンピックの正式スポンサーに決定しました!

オリンピック公式言語トレーニングのEF社が運営するマンツーマンレッスン、グループレッスン、TOEIC対策が全て含まれたオールインワンレッスンが魅力!
講師もアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人などとネイティブの英会話を学ぶことができるので、より実践的な英語を習いたい人にお勧め!

2位 イングリッシュベル(中級者向け)

通常の1/4の速さで上達できると言われているDME(ダイレクトメソッド)を活用して、質問に即座に英語で答えられる「英語脳」に切り替えることができるようになると評判!
通訳案内士の資格の語学試験免除の目安である840点以上を目指す「TOEICクラス」があるのも魅力!

3位 レアジョブ(初級者向け)

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これから英会話の勉強を始めたいと言う人にお勧め!
英会話レッスンはもちろん、都市ボランティアで外国人観光客に会場や道案内をしたり、日本の魅力を伝えるのに必要なTOEIC600点レベルを目指す初級・中級レベルにピッタリのオンライン英会話!

-通訳の仕事, 通訳案内士試験
-,

Copyright© オリンピック通訳ボランティア.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.