TOEIC おすすめ英会話教室&教材 イングリッシュベル オンライン英会話

ダイレクトメソッド(DME)でTOEICも上達!イングリッシュベルオンラインの口コミ評判、料金、メリット・デメリット まとめ

投稿日:2017年1月21日 更新日:

英語で話そうとすると、まず日本語で考えてしまうので時間がかかって会話にならないんですよね・・・
これは英語の上達で最初に解決しないといけないポイントですね。
どうしたらいいんでしょうか?
では、「英語脳」になるためのダイレクトメソッドを利用したイングリッシュベルを紹介しましょう。

通訳ボランティアとして活躍するために、イングリッシュベルでは必要最低限の英語力(読む、書く、聞く、話す)を養うため、ダイレクトメソッドを使用して英語の上達を目指します(通常の1/4の速さで上達)。

ダイレクトメソッドは、短時間で質問と回答を反復することで、最初はただのオウム返しのような印象を持ちますが、次第に自分の脳が「英語脳」へと変わり、考えなくても回答が英語で出てくるようになりますので、本気で英語の上達を願っている人にはうってつけです。

もちろん、通訳案内士の試験の免除に必要なTOEIC840点以上を目指すための「TOEICクラス」もあります。

- Sponsored Links -

イングリッシュベルのメリット

まずは、イングリッシュベルのメリットを見てみましょう。

入学金0円、教材費0円!

レッスンの回数を月5回、10回、20回、デイタイム月40回、いつでも月40回の5パターンから選べるので、自分の生活スタイルに合わせてレッスンを受講できる!

徐々に難易度が上がっていくので、英会話をこれから始めたい初心者でも安心してレッスンを受けられる!

その場で16クラスの中からレッスンを選べるので、「今日は発音クラス」「明日はTOEICクラス」など、予約時に自由に選ぶことができる!

月の回数が使い切れなくても、40日間の有効期限があるので安心!

月の途中から入会しても40日間の有効期限は有効!

料金の支払いはレッスン毎なので、知らずに自動引き落としされることがないので安心!

英語上達に欠かせないダイレクトメソッド(DME)を受けることができる!

徐々に難易度が上がっていくのであれば、私みたいな初心者でも安心して始められるかも!

イングリッシュベルのデメリット

一番安いコースでも1レッスン当たり385円と、他のオンライン英会話と比べると割高感は否めない

在籍している講師の数が他のオンライン英会話と比べると少なく、予約を入れられない場合もある

反復練習を「面白くない」と感じる人もいる(ただし効果はある)

予約が取れない場合もある・・・なるほど。

イングリッシュベルの口コミ

他のフィリピンのオンライン・スクールではもっと安いところはいくつもありますが、このDMEメソッドが習えることと、先生が自宅ではなくオフィスからレッスンしてくれる安心感という意味で十分妥当な金額だと思います。国内の英会話教室に比べればもちろん圧倒的に安いと思います。基本的には毎日受講していますが、これができるのはこの価格だからだと思います。

DMEを受けています。先生のレベルはピンキリです。良い先生に当たれば、マニュアル以外の対応も含めて教えてくれます。教えている年数はあまり関係ないように思います。年数が長くても発音のなまりの強い先生もいます。年数が短くても、機転を効かせて教えてくれる先生もいらっしゃるので、自分に合う先生を根気よく探すしか無いと思います。

DMEの教材はかなりよくできていると思います。少々トピックスに偏りはあるものの文法的なところは正確で、DME流の文法説明は他にないくらい的を得ているので気に入っています。テキストは有料ですが、簡単なうち(STAGE1-3くらい)はなくてもそれほど問題にはなりません。

教え方がうまい講師は限られていて、すぐに予約が埋まってしまう。気に入った講師の予約がなかなか取れない。1週間前から予約可能だが、可能になった時点の数秒後には埋まってしまう。

体験では2名の講師としか話せませんが、習い始めてからもほとんどの講師の英語の質がいいと感じています。中には勿論クセのある人もいますが、色んな英語に慣れるという点ではいいのかもしれません。だいたい予約状況をみれば人気度がわかります。ただ、人気がある=教え方が上手、英語の質が良いとは限らないと思います。

引用元:「みんなの英語ひろば」より

教え方が上手い講師をいかに多く予約することができるかがポイントですね。

イングリッシュベルの詳細情報

開校日 2008年6月
無料体験 2回(初回はレベルチェックテスト)
入会金 0円
教材料金 オリジナル教材は0円
レッスン料金 月5回プラン:月額3,900円(780円/1回)
月10回プラン:月額6,400円(640円/1回)
月20回プラン:月額9,800円(490円/1回)
デイタイム40回プラン:月額15,400円(385円/1回)
いつでも月40回プラン:月額17,900円(447円/1回)
1レッスン最安費用 385円~(デイタイム月40回プラン)
支払い方法 Paypal経由のクレジットカード
銀行振込
通信方法 Skype
使用設備 Skype(PC推奨、受講者が各自インストール)
ヘッドセット(受講者が準備)
Webカメラ(受講者が準備)
使用教材 オリジナル教材
市販教材(カランメソッド・DMEメソッド)
レッスンコース 初めての英会話クラス
日常英会話クラス
発音クラス
TOEICクラス
ビジネス英会話クラス
CNNクラス
カランクラス
フリートーククラス
DMEクラス
DME Teensクラス
DME Kidsクラス
DME Advancedクラス
DME Businessクラス
Let's goクラス
DME Elementaryクラス
DME Get down to Businessクラス
レッスン形態 マンツーマンレッスン
レッスン時間帯 24時間
1レッスン時間 25分
講師人数 99人(2017年1月現在)
講師国籍 フィリピン人
予約 レッスンの15分前まで
キャンセル レッスンの6時間前まで
カランメソッド
ビジネス英語
TOEIC
TOEFL ×
IELTS ×
英検 ×
子供向け
家族共有
おすすめ度 ★★★★☆
ホームページ http://english-bell.com/ja/index.html
英語初心者が始めるなら、徐々にレベルが上がっていくイングリッシュベルがいいかもしれないですね。
そうですね、まずは無料体験してみてはいかがでしょうか?
最後にお得な情報を1つご紹介しますね。

オンライン英会話をするなら通信制限を気にしないですむWi-Fi通信がおすすめなんですが、それが今なら高額キャッシュバックもあってお得に持つことができるんです。

詳しくはこちらをご覧ください。

- Sponsored Links -

- Sponsored Links -

【厳選】おすすめオンライン英会話3選

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人にお勧めする無料体験のあるオンライン英会話ベスト3(☆5つで満点)をご紹介します。

1位 EF EnglishLive(上級者向け)

東京オリンピック正式スポンサー決定!

2016年7月5日、EF EnglishLiveは2020年東京オリンピックの正式スポンサーに決定しました!

オリンピック公式言語トレーニングのEF社が運営するマンツーマンレッスン、グループレッスン、TOEIC対策が全て含まれたオールインワンレッスンが魅力!
講師もアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人などとネイティブの英会話を学ぶことができるので、より実践的な英語を習いたい人にお勧め!

2位 イングリッシュベル(中級者向け)

通常の1/4の速さで上達できると言われているDME(ダイレクトメソッド)を活用して、質問に即座に英語で答えられる「英語脳」に切り替えることができるようになると評判!
通訳案内士の資格の語学試験免除の目安である840点以上を目指す「TOEICクラス」があるのも魅力!

3位 レアジョブ(初級者向け)

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これから英会話の勉強を始めたいと言う人にお勧め!
英会話レッスンはもちろん、都市ボランティアで外国人観光客に会場や道案内をしたり、日本の魅力を伝えるのに必要なTOEIC600点レベルを目指す初級・中級レベルにピッタリのオンライン英会話!

-TOEIC, おすすめ英会話教室&教材, イングリッシュベル, オンライン英会話
-

Copyright© オリンピック通訳ボランティア.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.