記事中




通訳 通訳の仕事

通訳に必要な道具は何?仕事ができる通訳者が持つ7つ道具を紹介します。

投稿日:2017年2月7日 更新日:

通訳は現場でどんな状況にも対応できるように、大きなカバンを持ち歩く人もいます。

多くの通訳者は、その現場現場で必要なものや自分が仕事しやすいようにするためのアイテムなどを準備するなど、様々な工夫をしています。

そこで、仕事ができる通訳者が持っている「7つ道具」をご紹介します。

- Sponsored Links -

”できる”通訳者が持つ「7つ道具」

パソコン・タブレット

頻繁に出歩くため、ノートPCを持ち歩いてメールチェックをしたり、使用する資料の確認をしたりします。

今はさらに手軽に持ち運びができるタブレットを持ち歩く通訳者も増えています。

電子辞書

わからない単語が出てきたときに使用します。

通訳中は使えませんが、準備時間やパートナーが通訳している間などに調べます。

見出し語の多い高性能辞書がおすすめです。

イヤホン

同時通訳機器の備え付けがある場合もあるが、多くの通訳者は自分の耳に合ったイヤホンを持参しています。

ストップウォッチ

同時通訳でペアを組んだ際に、パートナーとの交代までの時間を計るときにときに使用します。

メモ帳

逐次通訳なら大切なキーワードを、同時通訳の場合には間違えやすい名前や数字などの固有名詞をメモします。

メモ帳は小さいものよりも大きめのものをお勧めします。

ペン

途中でなくならないように複数持つようにしましょう。

資料にラインを引いたり、色を変えて強調するなど、用途によって使い分けましょう。

オペラグラス

広い会場でスクリーンなどに映し出される映像や資料などを見るために必要となります。

オリンピック会場などは広いので必須アイテムです。

スポンサーリンク

通訳者として備えておくべき心構え

通訳者として仕事をするためには、必要な道具もありますが、それ以上に必要なスタイルや心構えがあります。

  • 清潔感のある服装
  • 清潔感のある髪型
  • 清潔感のあるメイク
  • 動きやすい靴
  • TPOをわきまえた服装(スーツ、カジュアルの使い分け)
  • A4サイズの資料や7つ道具が入るしっかりとしたバッグ

また、7つ道具以外にも、持ってて便利な道具がいくつかあります。

付箋・クリップ、USBメモリ、のど飴などを持ち歩いている人も多いようです。

注意事項

通訳会社などのエージェント経由で受けた仕事で、個人の名刺を差し出すことはNGです。

もしクライアントから「次は直接お願いしますよ」と言われてもお断りするのがエージェントに対する筋です。

ここで個人として仕事を受けてしまうと、エージェントとの信頼関係は崩れてしまい、長期的な目線での仕事の受注はできなくなってしまいます。

- Sponsored Links -

スマホで簡単♪おすすめオンライン英会話3選

 ランキング

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人にお勧めする、スマホで簡単にできる無料体験のあるレベル別オンライン英会話ベスト3をご紹介します。

2018年6月 更新

レアジョブ(初級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月額5,800円の日常英会話コース(1レッスン187円)
    ※初月半額の2,900円
  • 月額9,800円のビジネスコース(1レッスン316円)
    ※初月半額4,900円

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これから英会話の勉強を始めたいと言う人にお勧め!
英会話レッスンはもちろん、都市ボランティアで外国人観光客に会場や道案内をしたり、日本の魅力を伝えるのに必要なTOEIC600点レベルを目指す初級・中級レベルにピッタリのオンライン英会話!

イングリッシュベル(中級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月5回の月額3,900円、月10回の月額6,400円、月20回の月額9,800円、デイタイム40回の月額15,400円、いつでも月40回の月額17,900円から選ぶことができる
    ※最安で1レッスンあたり385円(デイタイム40回の場合)

通常の1/4の速さで上達できると言われているDME(ダイレクトメソッド)を活用して、質問に即座に英語で答えられる「英語脳」に切り替えることができるようになると評判!
通訳案内士の資格の語学試験免除の目安である840点以上を目指す「TOEICクラス」があるのも魅力!

EF EnglishLive(上級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月額7,900円(1レッスンあたり207円換算)
    ※マンツーマンレッスン8回/月、グループレッスン30回/月
東京オリンピック正式スポンサー決定!

2016年7月5日、EF EnglishLiveは2020年東京オリンピックの正式スポンサーに決定しました!

オリンピック公式言語トレーニングのEF社が運営するマンツーマンレッスン、グループレッスン、TOEIC対策が全て含まれたオールインワンレッスンが魅力!
講師もアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人などとネイティブの英会話を学ぶことができるので、より実践的な英語を習いたい人にお勧め!

-通訳, 通訳の仕事
-

Copyright© オリンピック通訳ボランティア.com , 2020 All Rights Reserved.