記事中




トレーニング 五輪ボランティアと英語

通訳の基礎を学ぶ8つのトレーニング方法とは

投稿日:2017年2月8日 更新日:

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいという人は、今から自分に合った勉強法で語学力を上げていく必要があります。

そこで、通訳の基礎を学ぶ8つのトレーニング法について解説したいと思います。

リスニング&スピーキングの5つのトレーニング

クイック・レスポンス

聞いた単語や短い語句の訳を瞬時に発声します。
日本語⇔外国語の両方で行うことで、即座に訳出する瞬発力と語彙力をアップさせることができます。
単語の意味は知っていても、すぐには出てこないことは意外と多く、このトレーニングをすることで、いつでも瞬間的に訳出できるようになります。

シャドーイング

音声を聞きながら影のように後を追って原文をそのまま声に出して表現していきます。
シャドーイングをするにはリスニング力と集中力が必要で、発音の強化にも効果があります。
いきなり音声を聞き取ることが難しい場合は、音声の原稿を用意して目で追いながらシャドーイングするといいでしょう。

サマライジング

まとまった長さの文章を読んで(あるいは聞いて)、その文章を要約します。
文章の大筋を読み取る読解力と聞き手にわかりやすく伝える表現力が強化できます。
サマライジングが苦手な人は、まずは日本語の文章を日本語で要約することから始めるといいでしょう。

パラフレージング

まとまった長さの文章を読み(あるいは聞いて)、意味を変えずに自分の言葉で表現します(言い換え)。
音声を使えば、リスニング力・理解力・記憶力・語彙力・表現力を鍛えることができ、言い換える部分を「単語だけ」「全文」など設定して、表現の幅を広げましょう。

リプロダクション/リテンション

音声を1センテンス聞き、口頭で繰り返します。
慣れてきたら2センテンス、3センテンス、1パラグラフと増やしていきます。
シャドーイングに比べて、聞いてから再現するまでの時間があるので、短期記憶力を鍛えることができますが、英語の構文を理解していないと文章を覚えることができません。

リスニング(リーディング)&ライティングの3つのトレーニング

サイト・トランスレーション

英文を読みながら意味の切れ目にスラッシュ「/」を入れて、文頭から順に訳していく、同時通訳と同じ方法です。
日本語と英語は文法が異なり、語順も違いますので、このトレーニングで英語の語順に慣れ、英語を素早く理解できるようになります。
海外のウェブニュースなどを活用するなど、身近な素材でトレーニングが可能なのもメリットです。

ディクテーション/トランスクリプション

音声を聞きながら一言一句そのまま書き出すトレーニングで、書き出した文章と原文を照らし合わせて答え合わせすることで、自分が聞き取れない単語や発音などが明確になります。
単語の前後が連結した発音(リエゾン)の苦手も把握することができ、リスニングの向上に繋がります。

ノート・テイキング

通訳者は逐次通訳の際に記憶をサポートするためにメモを取りますが、このメモ取りを「ノート・テイキング」と言います。
これは単なる速記ではなく、聞いた内容を把握し、整理・再現することを念頭においてメモを取ります。
聞きながら理解してても動かすため、効率よくできるようになるためには地道な練習の積み重ねが必要となります。
- Sponsored Links -

スマホで簡単♪おすすめオンライン英会話3選

 ランキング

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人にお勧めする、スマホで簡単にできる無料体験のあるレベル別オンライン英会話ベスト3をご紹介します。

2018年6月 更新

レアジョブ(初級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月額5,800円の日常英会話コース(1レッスン187円)
    ※初月半額の2,900円
  • 月額9,800円のビジネスコース(1レッスン316円)
    ※初月半額4,900円

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これから英会話の勉強を始めたいと言う人にお勧め!
英会話レッスンはもちろん、都市ボランティアで外国人観光客に会場や道案内をしたり、日本の魅力を伝えるのに必要なTOEIC600点レベルを目指す初級・中級レベルにピッタリのオンライン英会話!

イングリッシュベル(中級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月5回の月額3,900円、月10回の月額6,400円、月20回の月額9,800円、デイタイム40回の月額15,400円、いつでも月40回の月額17,900円から選ぶことができる
    ※最安で1レッスンあたり385円(デイタイム40回の場合)

通常の1/4の速さで上達できると言われているDME(ダイレクトメソッド)を活用して、質問に即座に英語で答えられる「英語脳」に切り替えることができるようになると評判!
通訳案内士の資格の語学試験免除の目安である840点以上を目指す「TOEICクラス」があるのも魅力!

EF EnglishLive(上級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月額7,900円(1レッスンあたり207円換算)
    ※マンツーマンレッスン8回/月、グループレッスン30回/月
東京オリンピック正式スポンサー決定!

2016年7月5日、EF EnglishLiveは2020年東京オリンピックの正式スポンサーに決定しました!

オリンピック公式言語トレーニングのEF社が運営するマンツーマンレッスン、グループレッスン、TOEIC対策が全て含まれたオールインワンレッスンが魅力!
講師もアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人などとネイティブの英会話を学ぶことができるので、より実践的な英語を習いたい人にお勧め!

-トレーニング, 五輪ボランティアと英語
-, ,

Copyright© オリンピック通訳ボランティア.com , 2020 All Rights Reserved.