記事中




TOEIC TOEIC試験

通訳案内士試験免除のスコアはいくつ?1分でわかる!TOEIC Speaking & Writing(S&W)

投稿日:2017年2月10日 更新日:

2020年東京オリンピック・パラリンピックを前に、来日する外国人観光客が増加しています。

しかし、せっかく来てくれる外国人観光客をサポートする通訳ガイドやボランティアの量も質も足りていない現状があります。

これは、通訳案内士の国家資格を取って、通訳ガイドになることを目指すにはちょうどいいタイミングであるとも言えます。

そこで、通訳案内士試験の免除制度とTOEIC Speaking & Writing(S&W)について、わかりやすく解説します。

- Sponsored Links -

通訳案内士の免除制度

通訳案内士の試験のうち、外国語の筆記試験には免除制度があります。

これは英語だけでなく、その他の外国語にも共通します。

英語の場合の免除条件は以下の通りです。

TOEIC Listening & Reading(L&R)スコア840以上

TOEIC Speaking スコア150以上

TOEIC Writing スコア160以上

この3つのうちどれかをクリアしていれば、試験の出願時に申請することで、外国語の筆記試験が免除となります。

TOEIC Listening & Reading(L&R)については、通訳案内士の国家資格を取るならTOEIC Listening & Readingのテスト構成を知っておこうを参考にしてください。

TOEIC Speaking & Writing(S&W)とは?

英語で効果的にコミュニケーションを図るには、相手が伝えたいことを正しく理解する「聞く(リスニング)」「読む(リーディング)」力だけでなく、こちらの意図を正しく伝える力が重要です。

TOEIC Speaking & Writing(S&W)は、そのために欠かせない話す(スピーキング)」「書く(ライティング)」力を測るテストです。

日常的なやり取りやビジネスシーンを切り取った”リアル”なテスト内容で、実践的な英語力を証明することができます。

TOEIC Speaking & Writing(S&W)は能力のアピールに役立つ

TOEIC Speaking & Writing(S&W)は実践的な試験のため、TOEIC Listening & Reading(L&R)よりも英語力をアピールすることができます。

例えば、

就職活動の際、TOEIC L&Rスコアだけではなく、TOEIC S&Wスコアをアピールすることで、ビジネスですぐに使える英語力を磨いている姿勢や、実践的なスキルがあることをアピールできる

一部の企業では海外赴任の要件に、一部の大学では卒業要件になっているので、資格として活用できる

など、自分の”強み”を存分にアピールすることができます。

TOEIC Speaking & Writing(S&W)のテスト構成

TOEIC Speaking & Writing(S&W)は、マークシート形式のTOEIC Listening & Reading(L&R)とは異なり、ヘッドセットを装着し、パソコン画面の指示に従って音声を吹き込んだり、文章を入力したりして解答します。

テスト構成は、

  • スピーキングテスト(20分:11問)
  • ライティングテスト(60分:8問)

となっていて、具体的なテスト構成は以下のようになっています。

スピーキングテストの形式

問題数

計11問

テスト時間

約20分

スピーキングテストの構成

内容

問題数

解答時間

課題概要

評価基準

採点
スケール

Read a text aloud
(音読問題)

2

各問45秒
(準備時間 各45秒)

アナウンスや広告などの内容の、短い英文を音読する

  • 発音
  • イントネーション、アクセント

0~3

Describe a picture
(写真描写問題)

1

45秒
(準備時間 30秒)

写真を見て内容を説明する

上記の事柄すべてに加えて

  • 文法
  • 語彙
  • 一貫性

0~3

Respond to questions
(応答問題)

3

15秒または30秒
(準備時間なし)

身近な問題についてのインタビューに答えるなどの設定で、設問に答える

または、

電話での会話で、設問に答える

上記の事柄すべてに加えて

  • 内容の妥当性
  • 内容の完成度

0~3

Respond to questions using information provided
(提示された情報に基づく応答問題)

3

15秒または30秒
(準備時間なし)

提示された資料や文書(スケジュール等)に基づいて、設問に答える

上記の事柄すべて

0~3

Propose a solution
(解決策を提案する問題)

1

60秒
(準備時間 30秒)

メッセージなどを聞き、その内容を確認した上で、問題の解決策を提案する

または、

会議の内容を聞き、その内容を確認した上で、問題の解決策を提案する

上記の事柄すべて

0~5

Express an opinion
(意見を述べる問題)

1

60秒
(準備時間 15秒)

あるテーマについて、自分の意見とその理由を述べる

上記の事柄すべて

0~5

 

※2015年5月公開テストより、スピーキングセクションにおいて、一部新しい形式の問題が導入されます。

ライティングテストの形式

問題数

計8問

テスト時間

約60分

ライティングテストの構成

内容

問題数

解答時間

課題概要

評価基準

採点
スケール

Write a sentence based on a picture
(写真描写問題)

5

5問で8分

与えられた2つの語(句)を使い、写真の内容に合う一文を作成する

  • 文法
  • 写真と文章の関連性

0~3

Respond to a written request
(Eメール作成問題)

2

各問10分

25~50語程度のEメールを読み、返信のメールを作成する

  • 文章の質と多様性
  • 語彙
  • 構成

0~4

Write an opinion essay
(意見を記述する問題)

1

30分

提示されたテーマについて、自分の意見を理由あるいは例とともに記述する

  • 理由や例を挙げて意見を述べているか
  • 文法
  • 語彙
  • 構成

0~5

通訳案内士試験に必要な参考書や過去問は通訳案内士試験合格のために必要な参考書や過去問まとめをご覧ください。

TOEIC対策におすすめのオンライン英会話

TOEIC対策なら、EF EnglishLive がおすすめです。

おすすめポイントは、

東京オリンピックの公式スポンサーであり、公式言語トレーニングを行っている

TOEIC対策が組み込まれている

無料体験レッスンが1週間もついている

EF EnglishLiveは上級者向けのオンライン英会話ですが、無料体験レッスンが1週間あるのでその期間中にグループレッスンやマンツーマンレッスンを体験できるのがポイントです。

詳しくは実践的な英語を身につけるならEF EnglishLive(EFイングリッシュライブ)!その評判と口コミ、メリットデメリット まとめをご覧ください。

- Sponsored Links -

スマホで簡単♪おすすめオンライン英会話3選

 ランキング

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人にお勧めする、スマホで簡単にできる無料体験のあるレベル別オンライン英会話ベスト3をご紹介します。

2018年6月 更新

レアジョブ(初級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月額5,800円の日常英会話コース(1レッスン187円)
    ※初月半額の2,900円
  • 月額9,800円のビジネスコース(1レッスン316円)
    ※初月半額4,900円

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これから英会話の勉強を始めたいと言う人にお勧め!
英会話レッスンはもちろん、都市ボランティアで外国人観光客に会場や道案内をしたり、日本の魅力を伝えるのに必要なTOEIC600点レベルを目指す初級・中級レベルにピッタリのオンライン英会話!

イングリッシュベル(中級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月5回の月額3,900円、月10回の月額6,400円、月20回の月額9,800円、デイタイム40回の月額15,400円、いつでも月40回の月額17,900円から選ぶことができる
    ※最安で1レッスンあたり385円(デイタイム40回の場合)

通常の1/4の速さで上達できると言われているDME(ダイレクトメソッド)を活用して、質問に即座に英語で答えられる「英語脳」に切り替えることができるようになると評判!
通訳案内士の資格の語学試験免除の目安である840点以上を目指す「TOEICクラス」があるのも魅力!

EF EnglishLive(上級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月額7,900円(1レッスンあたり207円換算)
    ※マンツーマンレッスン8回/月、グループレッスン30回/月
東京オリンピック正式スポンサー決定!

2016年7月5日、EF EnglishLiveは2020年東京オリンピックの正式スポンサーに決定しました!

オリンピック公式言語トレーニングのEF社が運営するマンツーマンレッスン、グループレッスン、TOEIC対策が全て含まれたオールインワンレッスンが魅力!
講師もアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人などとネイティブの英会話を学ぶことができるので、より実践的な英語を習いたい人にお勧め!

-TOEIC, TOEIC試験
-

Copyright© オリンピック通訳ボランティア.com , 2020 All Rights Reserved.