記事中




五輪ボランティア情報

東京オリンピック・パラリンピックでボランティアをするための条件とは?

投稿日:2017年2月13日 更新日:

2020年東京オリンピック・パラリンピックが3年後に迫り、選手だけでなく一般人として参加できる「オリンピックボランティア」が注目されています。

そこで、東京オリンピック・パラリンピックでボランティアをするための条件について解説します。
- Sponsored Links -

ボランティアの応募条件

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、公式サイト内で、2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティアの応募条件について言及しています。

応募条件検討の方向性

平成 32(2020)年 4 月 1 日時点で満18歳以上の方

ボランティア研修に参加可能な方

日本国籍を有する方又は日本に滞在する資格を有する方

10 日以上活動できる方

東京 2020 大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方

お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

ここでは、「満18歳以上」とされていますが、18歳以下でも参加できるボランティアもあります。

また、「大会ボランティアに活かすことのできる経験や資質等」ということで、以下の経験や能力がある人を求めていることもわかります。

大会ボランティアで活きる経験や資質

オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方

スポーツボランティア経験をはじめとするボランティア経験がある方

英語やその他言語のスキルを活かしたい方

条件はないが「最低限必要」な資質や経験はあるというイメージ

このように、2020年東京オリンピック・パラリンピックでボランティア活動をするために、明確な条件は定められていませんが、最低限必要な資質や経験は求められるというイメージはできます。

実際に、公式サイト内では「多言語対応のできる人材は主要なポジションへ」というような表現もされています。

(1)対応言語、配布物等

ボランティアは、国内外からの大会関係者や旅行者にスムーズに対応する必要があることから、各拠点の立地状況やニーズを踏まえ、必要言語や外国語のスキルを有する人の配置等について検討していく。

あわせて、地図やガイドブックなど配布資料の対応言語についても検討していく。

引用元:東京2020大会に向けたボランティア戦略(本文)より

充実したボランティア活動をするために事前準備を!

2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティアで募集している内容は多岐にわたります。

主な柱は、「大会ボランティア」「都市ボランティア」の2つです。

2つの違いは2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会ボランティアと都市ボランティアの違いにまとめていますのでご覧ください。

両方とも最低限の語学力やコミュニケーションスキルが必要になりますが、中にはそれらを必要としないボランティア活動もあります。

しかし、「オリンピックでボランティアをしたい」と考えている人のほとんどは「自分の可能性を試したい」「充実したボランティア期間にしたい」という人がほとんどですから、主要なポジションについて活躍するためにも、今からできる事前準備をどれだけできるかが鍵となってきます。

オリンピック公式言語トレーニングを活用しよう!

公式言語トレーニングとは?

公式言語トレーニングとは、1998年の長野オリンピック以降に導入されたシステムで、語学教育機関であるEducation First社(以下EF社)がオリンピックの公式スポンサーとして、ホスト国の審判員、ボランティア希望者、バスやタクシーの運転手等に、英語教育プログラムを無償で提供するようになりました。

このプログラムでは、はじめにオンラインテストで実力レベルを16段階に分け、そのレベルごとに「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つのスキルを学んでいきます。

マンツーマンレッスンの他に、世界各国の受講者が集うグループレッスンもあり、より実践的なトレーニングを積むことができます。

オリンピックの公式言語トレーニングを提供しているEF社は、日本でも「EF EnglishLive(イングリッシュライブ)」という名前でオンライン英会話教室を運営しています。

EF EnglishLiveは、英会話だけでなく、TOEIC対策まで含んだオールインワンのレッスンを受けることができるので、通訳案内士の資格を目指している人にもお勧めです。

1レッスン当たり約288円とリーズナブルで、1週間の無料体験もあるので、まずは一度オンラインレッスンを試してみましょう。

でも、まだ英語に自信がないのでついていけるか心配です・・・

まだまだ英語に自信はないけど、これから頑張ってみようかなという人には初心者レベルからステップアップできるレアジョブ英会話がおすすめです。

- Sponsored Links -

スマホで簡単♪おすすめオンライン英会話3選

 ランキング

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人にお勧めする、スマホで簡単にできる無料体験のあるレベル別オンライン英会話ベスト3をご紹介します。

2018年6月 更新

レアジョブ(初級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月額5,800円の日常英会話コース(1レッスン187円)
    ※初月半額の2,900円
  • 月額9,800円のビジネスコース(1レッスン316円)
    ※初月半額4,900円

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これから英会話の勉強を始めたいと言う人にお勧め!
英会話レッスンはもちろん、都市ボランティアで外国人観光客に会場や道案内をしたり、日本の魅力を伝えるのに必要なTOEIC600点レベルを目指す初級・中級レベルにピッタリのオンライン英会話!

イングリッシュベル(中級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月5回の月額3,900円、月10回の月額6,400円、月20回の月額9,800円、デイタイム40回の月額15,400円、いつでも月40回の月額17,900円から選ぶことができる
    ※最安で1レッスンあたり385円(デイタイム40回の場合)

通常の1/4の速さで上達できると言われているDME(ダイレクトメソッド)を活用して、質問に即座に英語で答えられる「英語脳」に切り替えることができるようになると評判!
通訳案内士の資格の語学試験免除の目安である840点以上を目指す「TOEICクラス」があるのも魅力!

EF EnglishLive(上級者向け)

  • 入会金0円、教材料金0円
  • 月額7,900円(1レッスンあたり207円換算)
    ※マンツーマンレッスン8回/月、グループレッスン30回/月
東京オリンピック正式スポンサー決定!

2016年7月5日、EF EnglishLiveは2020年東京オリンピックの正式スポンサーに決定しました!

オリンピック公式言語トレーニングのEF社が運営するマンツーマンレッスン、グループレッスン、TOEIC対策が全て含まれたオールインワンレッスンが魅力!
講師もアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人などとネイティブの英会話を学ぶことができるので、より実践的な英語を習いたい人にお勧め!

-五輪ボランティア情報
-, ,

Copyright© オリンピック通訳ボランティア.com , 2020 All Rights Reserved.