おすすめ英会話教室&教材 英語教材

TOEICの目標点数ごとに教材が選べる!英語教材『アルク』の口コミと評判、メリット・デメリット まとめ

投稿日:2017年1月27日 更新日:

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人は、今から英語力に磨きをかけようと準備を始めている頃でしょう。

そして、大会関係者や外国人観光客としっかりとコミュニケーションを取れるように、参考書やオンライン英会話、英語教材などで勉強しようと考えているでしょう。

しかし、自分の実力や目標を見誤ってしまうと、遠回りするどころかせっかく勉強に費やした時間も労力も無駄になってしまいます。
え?じゃあどうすればいいんですか?

『アルク』はTOEICの目標点数ごとに教材が選べることがポイントです。

そこで、その『アルク』の口コミと評判、メリット・デメリットを解説していきたいと思います。

- Sponsored Links -

『アルク』とは?

『アルク』は、採用企業3870社、のべ受講者数250万人以上の人に英語教材を提供した実績を持つ、語学教育の総合カンパニーです。

そして、その中でも「TOEIC®対策」の評判が良く、TOEICテストの構成・傾向から、各パートの攻略法、勉強法、練習問題、おすすめ教材紹介まで、TOEICテスト受験者を総合的にサポートしています。

大きな会社なんですね。

『アルク』の詳細情報

ここでは「900点TOEICテスト攻略プログラム」についての詳細をまとめています。

この他にも、目標点数に応じて教材を選ぶことができます。
教材名


TOEIC対策講座挑戦
(900点 TOEICテスト攻略プログラム)

著者


株式会社アルク
総合監修:金谷憲(東京学芸大学名誉教授)

教材構成


テキスト
(コースガイド/テキスト6冊/解答・和訳集『Supplementary Book』6冊/別冊『アラカルト集』(CD付き)1冊/『チャレンジ英単語752』(CD付き)1冊/『チャレンジ英単語復習ドリル』1冊/プライマリーテスト1回/マンスリーテスト5回/ファイナルテスト1回/特製CDケース/修了証(修了時))

テキストCD (6枚)  

サポート体制


アルクWeb採点サービス「テストコ」

(通信講座の学習計画を立てたり、学習の進捗状況を記録したりしながら、簡単にテストを提出できるウェブ採点サービス)

教材形式


配送版

価格・保証


62,640円
(税込)
(クレカ分割払い可能)

「900点 TOEICテスト攻略プログラム」のカリキュラム

『アルク』のメリット

  • TOEIC対策に特化しているため、集中して勉強できる!
  • 本試験に出るであろう問題が勉強できる!
  • 英米以外にもオーストラリアやカナダ・中国系のリスニング対策ができる!
  • 目標点数に合った教材を選べるので、効率的に最短距離でTOEIC対策ができる!
  • TOEICの問題傾向などから、各パート別の攻略法や勉強法が学べる!
TOEICに特化してるってところはすごですね。
アルクならTOEICをより効果的に勉強できますね。

『アルク』のデメリット

  • 点数別教材となっているが、自分の得意・不得意パートによっては難易度がばらつく場合がある
  • 1つ1つのテキストのボリュームは少なめなので、物足りないと感じる人もいるかもしれない
  • TOEIC対策に特化しているので、その他の勉強は少なからず必要になる(オンライン英会話などで補充)
「物足りない」と感じるくらい頑張らないと・・・

『アルク』の口コミ

アルクの教材は、受講していて飽きがこないので、よく家族からは「よくそんなに勉強して飽きないね〜」と言われる始末です(笑 ただ、そのかいあって、英語がやはり、学習ではなくツールなんだな〜と再認識できるようになったと思います。)

TOEIC900点の壁がなかなか超えられませんでしたが、教材をとおして学習のリズムを作ることができるようになりました。TOEICの勉強で行き詰まったら、アルクの教材を手に取られることをお勧めします。

この講座に出てくる英語音声は、TOEICの本番の試験よりもかなり複雑で、スピードも速いと思います。また、難易度も最初から最後までかなりハイレベルで、最初が易しく、最後が難しいという構成にもなっていないようです。あるシチュエーションの中で本当に使われているだろう英語を浴び続ける、という感覚ですから、何度も繰り返し学び直せる教材だと思います。

まとめ

『アルク』の対象になる人は以下のような人です。

TOEICに特化して勉強がしたい人

TOEICの目標点数が明確な人

自分のTOEICの点数を知っていて、さらなる上達を目指す人

通訳案内士の英語試験免除(TOEIC840点以上)を狙っている人

TOEIC点数別の教材の紹介

『アルク』の英語教材は上でも解説している通り、目標点数に応じて教材を選ぶことができます。

<新形式完全対応TOEIC対策講座>

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略800点コース MP3版

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略700点コース MP3版

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略600点コース MP3版

<その他のTOEIC対策講座>

こちらの教材は新形式に対応はしていませんが、TOEICの目標点数としての難易度に違いはありませんので問題はありません。

でる単TOEIC(R)テスト これだけ!

- Sponsored Links -

- Sponsored Links -

【厳選】おすすめオンライン英会話3選

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人にお勧めする無料体験のあるオンライン英会話ベスト3(☆5つで満点)をご紹介します。

1位 EF EnglishLive(上級者向け)

東京オリンピック正式スポンサー決定!

2016年7月5日、EF EnglishLiveは2020年東京オリンピックの正式スポンサーに決定しました!

オリンピック公式言語トレーニングのEF社が運営するマンツーマンレッスン、グループレッスン、TOEIC対策が全て含まれたオールインワンレッスンが魅力!
講師もアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人などとネイティブの英会話を学ぶことができるので、より実践的な英語を習いたい人にお勧め!

2位 イングリッシュベル(中級者向け)

通常の1/4の速さで上達できると言われているDME(ダイレクトメソッド)を活用して、質問に即座に英語で答えられる「英語脳」に切り替えることができるようになると評判!
通訳案内士の資格の語学試験免除の目安である840点以上を目指す「TOEICクラス」があるのも魅力!

3位 レアジョブ(初級者向け)

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これから英会話の勉強を始めたいと言う人にお勧め!
英会話レッスンはもちろん、都市ボランティアで外国人観光客に会場や道案内をしたり、日本の魅力を伝えるのに必要なTOEIC600点レベルを目指す初級・中級レベルにピッタリのオンライン英会話!

-おすすめ英会話教室&教材, 英語教材
-,

Copyright© オリンピック通訳ボランティア.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.