東京オリンピックに関わる仕事

2020年東京オリンピック・パラリンピック関連の仕事の募集や求人にはどんなものがあるの?

投稿日:2017年2月23日 更新日:

2020年東京オリンピック・パラリンピックに参加するには、選手やボランティアだけが手段ではありません。

え?ボランティア以外で参加できる方法なんてあるの?
「仕事」という面でも東京オリンピック・パラリンピックに携わることはできます。

そこで、今からでも間に合う、東京オリンピック・パラリンピック関連の仕事の募集や求人についてまとめます。

- Sponsored Links -

体力に自信があるならガテン系の仕事!

この章でのポイントまとめ

ガテン系なら競技場建設などで、最短距離でオリンピックに関わることができる

ガテン系は引く手あまたなので、転職サイトなどに登録しておくのがベスト

ボランティアもいいけれど、仕事を通じて東京オリンピック・パラリンピックに参加したいと思っている人もいるでしょう。

この記事を書いている2017年時点でも、東京オリンピック・パラリンピックまであと3年ありますので、不可能なことはありません。

まず、体力に自信がある人ならガテン系が最短距離で東京オリンピック・パラリンピックに関われる仕事です。

新国立競技場や大会会場などの建設

新国立競技場の建設は急ピッチで進められているだけに、人材の確保がままならないと言われています。

もし東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムである新国立競技場の建設に関われたら、一生の思い出になることは間違いありません。
「一生の思い出」かぁ・・・

また、数多くの大会会場やオリンピック村、観光客向けの宿泊施設などの新設に携わる仕事も多くあります。

さらに、道路や鉄道などの交通インフラの整備の仕事も集中するため、体力に自信のある人であれば、ガテン系の仕事は引く手あまたにありますので、ぜひともチャレンジしてみましょう。

建築系や土木系の職種の求人がある転職サイトなどであれば登録も無料ですので、自分の希望する地域や職種を探してみるといいでしょう。

ガテン系なら!

まずは自分のプロフィールを登録するところから始めましょう!
登録無料、所要時間は1分!

希望業種を選択!アイデムスマートエージェント

語学に自信があるなら通訳ボランティア!

この章でのポイントまとめ

オリンピック開催期間中は、語学堪能な人材が宿泊施設や関連施設で需要が増える

最低限「英語でのコミュニケーション」がとれることが必要

人材派遣会社への登録がおすすめ

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催中は、海外から30万~40万人の外国人観光客が来日すると見込まれています。

開催期間中は、宿泊施設や関連施設で語学の話せるバイトや契約社員の募集が増えるのは想像がつきます。

英語ももちろんですが、英語以外の言語が話せるマルチリンガルであれば、重宝されることは間違いありません。

宿泊施設で考えると、オリンピック選手は競技場から離れている場所で合宿をしている場合が多く見られますので、東京に住んでいなくても、地方在住の人でも合宿施設の近くに住んでいたり通うことができれば、オリンピック選手と触れ合うことができる機会があるかもしれません。

そのためには、最低限「英語」でコミュニケーションが取れるようにしておかなければいけません。

目安としては、TOEICスコア840点以上が理想ですが、そこまで行っていなくても大丈夫な場合もありますので、「バイトをしながらコミュニケーションスキルを上げていく」くらいの意気込みで、前向きに取り組んでみましょう。

まずは人材派遣会社などに無料登録をして、自分が住んでいる近くなどで募集があるか確認してみましょう。

東京都の仕事もオリンピックに向けて増えてきていますので、今のうちにチェックしておきましょう。

語学に自信のある人はまずは登録!

東京都で語学の仕事を探すならジョブリンク!

女性専用の派遣の仕事を探すならココ!

若さと勢いで行くならWeb関連、広告代理店、マスコミ!

この章でのポイントまとめ

広告関係・マスコミは無限の可能性がある

特にWeb関連ではお祭り気分を味わえる可能性が高い

徹夜などの仕事も増えるので、体力とやる気のある若者にはうってつけ

「一生に一度しかない東京オリンピック・パラリンピックという ”ビッグウェーブ” に乗りたい!」

そう考えている人には、広告代理店やマスコミ関係がお勧めです。

2020年に向けて様々な広報イベントが行われたり、東京オリンピック・パラリンピック関連の雑誌やWebの発行が見込まれています。

特にWeb関連ではユニークな展開が予想されており、”お祭り気分” を盛り上げるために一役買ってみましょう。

ただし、どれも若干のスキルや経験が必要になってきますので、新しく一歩を踏み出すというよりは、「今持っているスキルや経験を東京オリンピック・パラリンピックで生かす」と考えたほうがいいでしょう。

そして、大会期間中は2、3日の徹夜は当たり前、若手スタッフは会社に泊まり込みなんてこともありそうですので、体力には自信があると言う人にうってつけです。

床に段ボールを敷いて仮眠をするなど、体の痛みは ”一生の思い出” になることは間違いないでしょう。

これはこれで「一生の思い出」・・・

Web、広告、マスコミならこちら!

20代なら特に転職で自分の可能性を試してみるといいでしょう。

今は、転職をして自分のキャリアを積むことは常識です。

必ず2つ以上の転職サイトに登録をして、あなたの可能性を広げるためのアンテナをしっかりと張っておきましょう。

Webエンジニアの転職ならレバテックキャリア

フリーのWebエンジニアの転職ならギークジョブ

広告代理店やマスコミならDODA

広告・Web・マスコミ業種ならマスメディアン

ここで紹介した転職サイトや人材派遣サイトは、どれも登録が無料となっていますので、自分が探している職種やサービスを見つけてみましょう。

転職・就職保証つきで高いエンジニアスキルを学べるWeb教育スクールもありますよ。
転職・就職保証つきなら安心!

3ヶ月という短期間で高いエンジニアスキルを身に付けることができる!

転職・就職できなかった場合には全額返金保証!

最初は無料カウンセリングから(Amazonギフト券プレゼント)!

詳しくはこちらをご覧ください。

あなたはどんな形で、2020年東京オリンピック・パラリンピックに関わりたいですか?

時間はまだありますので、今からでもまだ間に合います。

色んな可能性を探って、楽しい2020年になるよう頑張りましょう。

- Sponsored Links -

- Sponsored Links -

【厳選】おすすめオンライン英会話3選

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックで通訳ボランティアとして活躍したいと考えている人にお勧めする無料体験のあるオンライン英会話ベスト3(☆5つで満点)をご紹介します。

1位 EF EnglishLive(上級者向け)

東京オリンピック正式スポンサー決定!

2016年7月5日、EF EnglishLiveは2020年東京オリンピックの正式スポンサーに決定しました!

オリンピック公式言語トレーニングのEF社が運営するマンツーマンレッスン、グループレッスン、TOEIC対策が全て含まれたオールインワンレッスンが魅力!
講師もアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人などとネイティブの英会話を学ぶことができるので、より実践的な英語を習いたい人にお勧め!

2位 イングリッシュベル(中級者向け)

通常の1/4の速さで上達できると言われているDME(ダイレクトメソッド)を活用して、質問に即座に英語で答えられる「英語脳」に切り替えることができるようになると評判!
通訳案内士の資格の語学試験免除の目安である840点以上を目指す「TOEICクラス」があるのも魅力!

3位 レアジョブ(初級者向け)

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これから英会話の勉強を始めたいと言う人にお勧め!
英会話レッスンはもちろん、都市ボランティアで外国人観光客に会場や道案内をしたり、日本の魅力を伝えるのに必要なTOEIC600点レベルを目指す初級・中級レベルにピッタリのオンライン英会話!

-東京オリンピックに関わる仕事
-,

Copyright© オリンピック通訳ボランティア.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.